ワンポールに前室を!彩湖・道満グリーンパークでテント干し

ワンポールに前室を!彩湖・道満グリーンパークでテント干し

彩湖・道満グリーンパークへ、家族でデイキャンプ!
前回の宇都宮市森林公園での雨キャンプで泥だらけのビショビショになったタープとテントを干しに行きました。

宇都宮市森林公園でのキャンプレポートはこちらから!
1日目→ 自然を満喫!湖畔で2泊キャンプ | 宇都宮市森林公園レビュー
2日目→ 雨キャンプで大切なポイント8つ | 宇都宮市森林公園レビュー2日目
3日目→ 再挑戦を誓う!雨キャンプ撤収 | 宇都宮市森林公園レビュー3日目

こんにちは! かわいいキャンプを自作する、もゆ@週刊少女キャンプです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 
宇都宮市森林公園のキャンプから帰宅後、まだまだGWの話は続きます。
まずは彩湖・道満グリーンパークの紹介から。

彩湖・道満グリーンパーク

彩湖・道満グリーンパーク 公式サイト

思い立ったらすぐ行ける! 予約不要、利用無料!
埼玉の河川敷にある市営公園です。計算したところ東京ドーム14個分。
キャンプ場ではなく、広大な公園の一角にある「バーベキュー広場」でテントやタープを張ってバーベキューができる公園です。

余談ですが、「東京ドーム○個分」ってよく使われるけれど、そもそも東京ドームの広さを知らないなとふと思いました。でも「東京ドーム○個分」と言う比較の仕方が通例になっている現状、大きさを比較する言葉としての機能は充分に果たしてるんですよね。
などと考えながら東京ドームの広さをググったら、東京ドーム(単位)って言うwikiを見つけて笑いました。やっぱり既に単位として機能してるんだ!(笑)

彩湖・道満グリーンパークは、キャンプ場ではないので泊まれません。
18:30まで(11月~3月は17:30)に撤収しなければいけないけれど、駐車場代だけで気軽にデイキャンプができます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
テント・タープの試し張りや練習、新しいキャンプ用品のお試しにピッタリ!

彩湖・道満グリーンパークのバーベキュー広場、2019年GW
2019年5月3日のバーベキュー広場

当然、GWはもちろん通常の土日も、広場はたくさんの人で賑やかになります。
でもむちゃくちゃ広い公園なので、テントやタープを張る場所がなくなることはないです。ただ、バーベキューができるのはバーベキュー広場だけ。
そして、バーベキュー広場に1番近い南駐車場。ここだけは争奪戦です!(笑)

なので、ふらっと行っても予約不要でどこかしらにテント・タープは張れるけれど、駐車場を使うなら結局はそこそこ早めに計画的に遊びに行った方が良いです。
15時以降は撤収する人が増えて、駐車場も広場もどんどん空きます。遠方じゃなければ夕方以降も狙い目かも!

キャンプは関係ないけれど、この公園のもう1つオススメは「彩湖自然学習センター」。
水族館ってほどではないけれど小さな水族館があったり、近辺の生き物や植物などが、分かりやすく楽しく展示されています。しかもここも入館無料。
観覧時間もそれほど長くならないし、水族館・博物館大好きの私は手軽に大興奮できる場所です(*゚▽゚*)

南第2駐車場からバーベキュー広場

この日、GW真っ只中にも関わらず無計画に朝寝坊して、のんびり11時過ぎに現地に到着した我が家。
既に南駐車場はいっぱいで入り口は車の行列。たくさんの警備員さん達が誘導してくれていました。

「南駐車場は満車です」と伝えられるものの、南駐車場の入り口の行列に並んで待つ車が何台も。近辺は、諦めて列から抜ける車やUターンする車でぐるぐる。「もしかしてもう停められない?」と不安になりました。
が、南「第2」駐車場へ向かうと、まだまだたくさん空きが! 南駐車場の次に、バーベキュー広場に近い駐車場です。

この日は、設営も撤収も南第2駐車場とバーベキュー広場をそれぞれ2〜3往復したので、無理な距離ではありません。広場の中でも駐車場寄りの場所を取れば、南第2駐車場でも普通にオッケーです(*゚▽゚*)
でも、距離的に無理がなくたって、重いもんは重い(笑)
ちょっとアウトドアワゴンが欲しくなったのでした。でも場所とるから悩む!

定番(?)のコールマンの赤いのも可愛いんだけど、

DODのフォールディングキャリーワゴンのベージュ、めっちゃ可愛くないですか?

フレームが白いところが好みです。意外とないよね。
 

テントの手洗いと天日干し

雨キャンプで泥々のビチョビチョになったテント。悩んだ末、自宅の浴槽で手洗いをしました。
フライシートから伸びているロープ(張り綱・ガイドライン)はもちろん、出入り口のファスナーも真っ黒。若干 潔癖な我が家のJCがテントに入ることすらいやがっていたので、また楽しんでもらえるよう、綺麗なテントに!

テントはDODのビッグワンポール。
大きいのでそこそこ大変でしたが、畳んだまま空の浴槽のフチに引っ掛け、テントの裾を中心にパタパタとめくりながら、手で撫でるようにシャワーで流していきました。
ロープは軽く揉み洗い。インナーテントの泥はねはスポンジで軽くこすりました。
防水性能などの低下が心配だったので漬け置き洗いはしていません。

狭いお風呂場で1人でまた畳むのが一苦労。
大きめのダブルクリップで、重ね合わせた端っこや真ん中をとめながら、なんとか畳み直し。まぁ最後の方は「もういいや」って適当に丸めてビニール袋に詰めました(笑)

その翌日、5月なのに夏日を記録した晴天の下で天日干し!

彩湖・道満グリーンパークでテントを天日干し

タープ、インナーテント、フライシートをそれぞれ順番に干したんですが、即効で乾きました! インナーテントの真ん中、ポールが立ってる周辺がちょっと乾きにくかったかな。
干しながら、大人2人で雑巾を持って、テントの周りをぐるぐるして目立つ汚れを拭き掃除。インナーの床も拭き掃除。

この日はバーベキューなどはせず、家で朝作ったサンドイッチを持参してお手軽ランチ。和風の甘い卵焼きの「卵焼きサンド」が1番人気でした。
周り中がバーベキューで賑わい、ジュウジュウと美味しそうな音と匂いが充満する中、タープを張ったかと思えばすぐ畳み、テントも張って拭いてすぐ畳み。
コンロも出したけど、掃除だけしてバーベキューせずサンドイッチ食べて、撤収!\(^o^)/
 

前室を作る!セルフハーフインナー化

我が家で使っているDODビッグワンポールテントは、角錐型に張るワンポールテントの仕様上、雨が入り込みやすいのがちょっと難点。
その辺りを補うためにタープと連結させて張ったり、ワンポールテントでも前室つきのものがあるらしいのですが、ビッグワンポールに前室はありません( ´ ; ω ; ` )
(一応、公式では前室スペースがあって靴が置ける!となっていますが、本当に、ギリギリ靴が入るかどうかって感じ。人数多ければ無理です(^_^;)

そこでこの日、無理矢理 前室スペースを作れないかな!? と試してみた写真がこちら。

ワンポールテントに前室を作る

試しに適当に張ってみたため、ペグダウンも雑だしグランドシートがインナーからはみ出っぱなしなんですが。
フライシートの出入り口を開けると、多少の荷物や靴などを置くには充分な前室スペースができているのが見えるでしょうか?
図解すると……

ワンポールテントに前室を作る

まずはしっかり普通にインナーテントとフライシートを張って、その後、インナーテントのペグを2ヶ所(出入り口部分のペグ1ヶ所を含む)だけはずします。
そうすると、ピンと張ったフライシートと弛んだインナーの間にスペースが!
(家でこの図を書いて夫に説明してから実際に張りに行ったのですが、夫はイメージできていなかったもよう。分かりづらい? 話あんま聞いてなかったのかな?笑)

実際に張ってみるまで、ペグをはずすことによって弛んだインナーテントの出入り口がまともに使えるかどうか分からなかったのですが、普通に開け閉めできました!

中は当然、少し狭くなります。中の広さをもう少し確保したければ、はずすペグは出入り口の1ヶ所だけでも良いかも?
とりあえず、雨の日に出入り口の開け閉めに慌てなくても、

フライシートの入り口を開ける

前室スペースに入りフライシートの入り口を閉める

インナーテントの入り口を開ける

靴を脱いで中に入る(靴もフライシートの中に余裕で置ける)

と、落ち着いて出入りができそう!

実際に雨の日に実践したら、不具合など何か他に気付くことがあるかもしれません。
でも、もともとフライだけ・インナーだけで張って使えるテントだし、この張り方が原因で倒壊することはないんじゃないかなぁ。いける気がする(*゚▽゚*)
雨キャンプで実践したらまた報告します!


それにしても、彩湖・道満グリーンパークでテント泊もできたら更に最高だよなー(๑˘ᴗ˘๑)*.。